HOME > ブログ > 塾長コラム > ついつい子どもに怒ってしまうお母さんへ

ブログ

< 自学道場の成果をご紹介  |  一覧へ戻る

ついつい子どもに怒ってしまうお母さんへ

こんにちは、自学道場ヘッドコーチのやっすーです。

今日は「ついついわが子を怒ってしまう・・・」
そんなお母さんにぜひ読んでもらいたい内容です。

お子さんがだらけていたり、
言うことをなかなか聞かなかったり。

そんなことが続くと、ついつい怒ってしまいますよね。
そして、怒った後に自己嫌悪・・・。

そんなことを繰り返しているお母さんも少なくないかと思います。

お子さんに怒ってしまいそうになった時に、
ぜひ試してみてほしい方法をお知らせします。

①怒るメカニズムを知ろう

人が怒るのにはメカニズムがあります。

たとえば、お子さんに片づけをお願いしているとき、

お母さん「早く片付けてね~」
お子さん「わかってる~」

~~~5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けてよ」
お子さん「わかってるって!」

~~~さらに5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けなさい!いつになったらやるの!」
お子さん「今やろうと思ってたんだよ!」

~~~以下、言い争い開始~~~

わりと「あるある」の状況ですよね。
こんな状況になるのには要因があります。

それぞれの気持ちを解説していきましょう。

お母さん「早く片付けてね~」⇒ 早く片付けてくれたら助かるわー
お子さん「わかってる~」⇒ そんなに急がなくてもいいじゃん

~~~5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けてよ」⇒ 言ったのに全然聞かない!
お子さん「わかってるって!」⇒ 何度もうるさいな~!

~~~さらに5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けなさい!いつになったらやるの!」
⇒ 意地でもさっさと片付けさせなきゃ!

お子さん「今やろうと思ってたんだよ!」
⇒ やろうと思ってたのにうるさいからやる気なくした!

こんな心情の動きがあることが多いです。
ここで注目したいのがお母さんの心の動き。

途中から「やらせなきゃ!」「言うことを聞かせたい!」という、
いわゆる”マウント取り”の状況になっています。

この状況が続くと、
相手をコントロールしたい!という気持ちが強くなり、
「生意気だ!」「怒らないと気が済まない!」
という感情が沸き上がります。

②人は思い通りにならない時に怒ることを”選択”する

実は、人が怒るときは「怒ろう!」と思って怒るのです。

もちろん、怒らせる引き金になったのはお子さんの言動ですが、
それと怒るか怒らないかはお母さんの側の選択なのです。

先ほどの例でいうと、片付けることが最初の目的だったはずなのに、
「片付けさせる」ことが目的となり、
最後には「謝らせたい!」「コントロールしたい!」が目的になるのです。

つまり、自分の選択次第で怒るか怒らないかは決められるのです。

③子どもたちも日々学習している

ここで一つお伝えしたいのは、
私は「怒るな」と言っているのではありません。

子育てをする上で、時には怒ることも有効な手段となりえます。

ところが、子どもたちは学習する生き物

怒られ続けて、怒られ慣れると、
「面倒だから黙って聞いておこう」とか、
「怒られるから言わずにおこう」とか、
気持ちにふたをしたり、平気で嘘をついたりするようになります。

そういった意味では、子どもたちもなかなか上手なのです。

まとめ:色んな技を身につけよう

お母さんの方に「怒る」という手段しかない場合、
子どもたちはそれに慣れ切って見切られてしまいます。

その意味でも、お母さんの方も「怒る」以外の技を身につけないと、
真の意味でのコントロールはできません。

「怒る」以外にも、「お願いする」「褒める」「あおる」などなど、
人と人とのコミュニケーションの方法はそっくりそのまま、
子育てにも応用が利く技なのです。

ぜひ、お母さんも色んな技を試してみてくださいね。


カテゴリ:

< 自学道場の成果をご紹介  |  一覧へ戻る

お問い合わせはこちらから

このページのトップへ