HOME > ブログ

ブログ

ついつい子どもに怒ってしまうお母さんへ

こんにちは、自学道場ヘッドコーチのやっすーです。

今日は「ついついわが子を怒ってしまう・・・」
そんなお母さんにぜひ読んでもらいたい内容です。

お子さんがだらけていたり、
言うことをなかなか聞かなかったり。

そんなことが続くと、ついつい怒ってしまいますよね。
そして、怒った後に自己嫌悪・・・。

そんなことを繰り返しているお母さんも少なくないかと思います。

お子さんに怒ってしまいそうになった時に、
ぜひ試してみてほしい方法をお知らせします。

①怒るメカニズムを知ろう

人が怒るのにはメカニズムがあります。

たとえば、お子さんに片づけをお願いしているとき、

お母さん「早く片付けてね~」
お子さん「わかってる~」

~~~5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けてよ」
お子さん「わかってるって!」

~~~さらに5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けなさい!いつになったらやるの!」
お子さん「今やろうと思ってたんだよ!」

~~~以下、言い争い開始~~~

わりと「あるある」の状況ですよね。
こんな状況になるのには要因があります。

それぞれの気持ちを解説していきましょう。

お母さん「早く片付けてね~」⇒ 早く片付けてくれたら助かるわー
お子さん「わかってる~」⇒ そんなに急がなくてもいいじゃん

~~~5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けてよ」⇒ 言ったのに全然聞かない!
お子さん「わかってるって!」⇒ 何度もうるさいな~!

~~~さらに5分後、状況変わらず~~~

お母さん「早く片付けなさい!いつになったらやるの!」
⇒ 意地でもさっさと片付けさせなきゃ!

お子さん「今やろうと思ってたんだよ!」
⇒ やろうと思ってたのにうるさいからやる気なくした!

こんな心情の動きがあることが多いです。
ここで注目したいのがお母さんの心の動き。

途中から「やらせなきゃ!」「言うことを聞かせたい!」という、
いわゆる”マウント取り”の状況になっています。

この状況が続くと、
相手をコントロールしたい!という気持ちが強くなり、
「生意気だ!」「怒らないと気が済まない!」
という感情が沸き上がります。

②人は思い通りにならない時に怒ることを”選択”する

実は、人が怒るときは「怒ろう!」と思って怒るのです。

もちろん、怒らせる引き金になったのはお子さんの言動ですが、
それと怒るか怒らないかはお母さんの側の選択なのです。

先ほどの例でいうと、片付けることが最初の目的だったはずなのに、
「片付けさせる」ことが目的となり、
最後には「謝らせたい!」「コントロールしたい!」が目的になるのです。

つまり、自分の選択次第で怒るか怒らないかは決められるのです。

③子どもたちも日々学習している

ここで一つお伝えしたいのは、
私は「怒るな」と言っているのではありません。

子育てをする上で、時には怒ることも有効な手段となりえます。

ところが、子どもたちは学習する生き物

怒られ続けて、怒られ慣れると、
「面倒だから黙って聞いておこう」とか、
「怒られるから言わずにおこう」とか、
気持ちにふたをしたり、平気で嘘をついたりするようになります。

そういった意味では、子どもたちもなかなか上手なのです。

まとめ:色んな技を身につけよう

お母さんの方に「怒る」という手段しかない場合、
子どもたちはそれに慣れ切って見切られてしまいます。

その意味でも、お母さんの方も「怒る」以外の技を身につけないと、
真の意味でのコントロールはできません。

「怒る」以外にも、「お願いする」「褒める」「あおる」などなど、
人と人とのコミュニケーションの方法はそっくりそのまま、
子育てにも応用が利く技なのです。

ぜひ、お母さんも色んな技を試してみてくださいね。


自学道場の成果をご紹介


自学道場に通っている生徒の、
 
通知表の成績向上率、87.5%(2016年度)
 
第一志望校合格率、100%(2017年度入試)
 
などなど、数字に見えるところも、
見えないところも、
自学道場では様々な成果が出ています。
 
これからも自学道場は、
成果を出し続けていけるように頑張ります!



自学道場の成果を動画でご紹介!


 
岡山から、次世代のリーダーを。
自学力で幸せを創れる子が育つ塾
「自学道場」


塾長講演が開催されました @岡山市北区STUDIO SCLMさま

5/16に岡山市大元上町のSTUDIO SCLM様にて
「10歳までに身につけておきたい自学力」と題して、
安永による講演の機会をいただきました。

未就学児や小学生のお子さんの
お母さま、お父さまにご参加いただきました。

ご参加ありがとうございます!
 

そして、主催のSTUDIO SCLM様は、
大元小学校区で、
スポーツ、
クリエイティビティ、
ランゲージ、
ミュージック&ダンス
など、幅広い教育をされているスタジオです。

https://www.studio-sclm.com/

特に10歳までの間は、
このような課外活動が発達においても重要です。

岡山市内でご興味のある方は、
ぜひお問い合わせください。

=====================
自学道場では、ヘッドコーチ安永の
出張講義、講演を承っております。
詳しくはお問い合わせページからどうぞ!


2019年度 合格体験記(倉敷天城中 石川真子さん)

2019年度入試で、倉敷天城中学校へ合格した
自学道場生の石川真子さんの合格体験記です。


====================
私の合格体験記 石川真子

私が中学受験を目指し始めたのは、小学三年の時だった。
小さいころから医師になることを目指していた私は、その夢に近づくために、
理系の学校でも有名な倉敷天城中学校を受験したいと思いはじめた。

本格的に受験勉強をはじめたのは、小学四年の冬だった。
この年の二月、自学道場と出会い、
その勉強スタイルに心ひかれ、仲間と学ぶことになった。
それまでも家で自習をするように心がけていたが、
人と話すのが苦手で、長い文章もまともに書けなかった。
自学道場に入ってからは、毎日目標を立てて自分の意見を発表し、
勉強の後は必ず振り返りをするという流れを毎日繰り返した。
すると気づけば自然と意見を発表することができるようになっていた。
私は、塾から家が遠いので、ネット授業を活用したが、
やっすーをはじめ、コーチが分からないところもしっかり教えてくださり、
いつも気にかけてもらったので、
とても勉強しやすく、ワークもしっかり毎日取り組むことができた。

また、自学道場ならではの夏期講習・夏合宿などを通して、
普段の勉強では得られない体験と出会うことができ、
さらに外部の塾生との交流もあったため、
意見を発表することの楽しさを知ることができた。
このような経験が、面接や記述問題の基礎となり、私を成長させてくれた。

六年生の時の十二月からは最後の追い込みとして、
毎日様々な学校の過去問題を解いた後、理科や社会の教科書を見返した。
また、一月の冬期講習で、
環境問題や災害など、たくさんのジャンルの問題を解いた。

これまで積み重ねてきたことが本番でも生き、堂々と挑むことができた。
不安もあったが、結果発表が家に届き、
封筒を開いた瞬間は、本当にうれしかった。

苦労した分だけ良い結果となり、
自分が努力してきたことが認められたときは、
言葉に出来ないほど清々しい気持ちだった。

受検は本当に大変だ。自分が一番苦しいし、つらい時もある。
でも、それ以上に周りで自分を応援してくれる人がいるから、がんばることができる。
そんな人たちにいつも感謝することが大切だと思う。
どんなに苦しくても、あきらめない気持ちの大切さも、忘れてはいけない。
でも、がんばりすぎて体調をくずさないように、
たまにはオフすることも必要だと学ぶことができた。

私は今、たくさんの支えを受けて、中学校に通うことができる。
そのことを胸に、今までの努力を活かして、これからもがんばっていきたい。
====================

石川さん、合格おめでとう!!!

塾長講演 @岡山市立大野小学校

【大野小学校 文化講演会】
昨日は岡山市立大野小学校の文化講演会に
お招きいただき登壇させていただきました。

「幸せが自ら創れる子の育て方」と題して
子育てをする上での考え方を中心に
お話をさせていただきました。

増席するほどの大盛況だったとのことで
本当にありがたいかぎりでした。

質疑応答でも積極的にご質問いただき、
熱心な保護者の方が大勢いらっしゃいました。
また、お父さんのご参加が多かったのも大変印象的でした

ありがたい感想もいただき、
講師冥利に尽きるところです。

今年は色んなところで講演をできればと
思っております!

どんなに小さなところでも構いませんので、
ご用命あればぜひお声かけください(^-^)

詳しくはお問い合わせページからお気軽にどうぞ!

【人だからこそ出来ること】

先日、自学道場小学部で
ロボットや人工知能が活用される時代に、
「人だからこそ出来ることは何なのか」
というテーマで学習をしていきました。


 

1年生から6年生まで、
たくさんの意見を出してくれました。

フードファイターなんかは、
まさに人にしかできない仕事ですね!(笑)


 

お父さんお母さん
という深い意見も出てきました。


 

感情、愛情に関わることで、
価値を生み出す仕事は
これからも残り続けますね。

いろんな視点から意見を出してくれた、
小学部の生徒たちに拍手!!


【第10回 賢くなるごはん会】

自学道場名物、賢くなるごはん会の
記念すべき第10回目を開催しました!!
 

今回は、
美作大学の岡村先生をお招きして、
「これからの社会はどうなる?」
「どうして勉強するの?」
というテーマでお話をうかがいました。


 

小学1年生からお父さんお母さんまで、
熱心にメモを取りながら、
惹きつけられるお話に聴き入りました。


 

自学道場では、
賢くなるごはん会を通して、
子どもも大人も、先生も生徒も、
「みんなで学ぶ!」を提供しています。
 

来年のごはん会も乞うご期待!


【思考力検定を実施しました!】

今日は、思考力検定本番!
やって来た成果を出せる日(*´꒳`*)
みんなファイト!!



【学びの振り返り!】

先週金曜日、中高部の授業では、
前日に総社の学塾 誠和学舎で、
学んできた「思考法」について、
塾生たちによる、
振り返りを兼ねたプレゼンが行われました。


 

単純な思考法ではなく、
思考するために必要なこととは何か、
とても分かりやすく説明してくれました!
 

早速、日々の学習にも活かせ、
塾生たちも得るものが大きかったようです!


【商店街について探究しました!】

今日は、商店街の現状について
小学1年生から6年生までが、
探究していきました。


 

なぜ、商店街に行く人が減ったのか、
様々な視点から仮説を立てていきました。
 

積極的に意見が出て、
たくさんの仮説が出てきました!


123

アーカイブ

お問い合わせはこちらから

このページのトップへ